2018年6月に韓国で植毛手術済み!術後の経過を毎日更新中!

【植毛手術後97日目】情弱ブロガーたちに捧ぐ。なぜ韓国で植毛手術?迷わず選んだ理由とは!?

ニツク
ニツク
韓国植毛手術→経過実況中の
アラフィフ男、ニツク( @hair_log )です!
【お知らせ】
iherbセールやってますよ!
サプリ大国アメリカの高品質サプリをお求めの方へ。

なんとサプリ商品が、
10%OFF+10%のロイヤルティクレジット+5%OFF
実質25%オフで下のリンクから購入できます!

2018年12月11日AM3時終了につき、お早めに!!
iHerbサプリメントセール!

▼詳しくはこちら。セール情報随時更新中です。
【おトクに賢く育毛ケア】超激安で高品質のサプリやケア用品をゲット!まだiherbで買い物したことないの?
このブログでも散々紹介していますが、iherbほんと安いです。まだ利用していない人は、もう今すぐにでも利用してもらいたいですね~ひとまず。セール情報!ただいま全サプリ商品が、 10%OFF+10%のロイヤルティクレジット+5%...

この記事は 約10 分で読めます。

【植毛手術後97日目】情弱ブロガーたちに捧ぐ。なぜ韓国で植毛手術?迷わず選んだ理由とは!?

昨日は、植毛手術を失敗しない方法を書きましたが、

【植毛手術後96日目】知らないと後悔する!自毛植毛手術で失敗しない方法。失敗は自分のせい!?
みなさーん! 今日もプロぺ飲んで性欲減退してますかーっ!? ちなみに、AGA治療はM字には効かないんですよね~! ニツクも産毛しか生えませんでした!!ざんねーん! まぁここを見に来てるみなさんはすでに...

今日はなぜニツクは韓国で植毛手術することに決めたのか、

その理由を書こうと思います。

 

あのね、真剣にクリニックを選んだので、理由は少々長くなりますよ。

よろしければお付き合いください。

 

ちなみに、なぜ植毛手術を韓国で?と思いますか?

では、なぜ性転換手術はタイでするのが一般的なんですかね?

これが、今日のキーワードです。

 

昨日も書きましたが…

情弱な人のブログでよく見るんですが、

「海外で植毛手術なんて…キケン!」って

1番キケンなのはそういう無知なブロガー(医師含む)ですよねぇ。

 

ニツク
ニツク

海外ってどこ?アメリカ?中国?インド?

 

海外と一括りにしてる時点で、ニツクはその人を情弱と判断してます。

 

そんな情弱さんたちと、彼らに惑わされている人に捧げる今日の記事です。

 

まずは、ニツクが植毛手術を受けた地、韓国の美容外科事情。

そして、日本の美容外科医から聞いた裏話も書こうかなと。

 

ニツク
ニツク

興味ある人だけどうぞ!

 

むしろ韓国の方が安心!?

ニツクははっきり言って、「なぜ韓国で植毛手術するの?日本の方が安心でしょ?」っていう意味がわかりません。

安心というのは、おそらく言語の面だけ。あとはメディアのイメージ操作ですかね?

 

ニツク
ニツク

ただの情弱としか思えない…

 

だって、韓国は植毛手術がめちゃくちゃ盛んなんですよ?

日本とは比べ物にならないくらい…

 

実際どのくらい美容手術してんの?

以前、「実は韓国より日本のほうが整形大国だった!」というような記事が出ていて、3位が日本、4位が韓国となっていました。

 

ですが、これはいわゆる釣り記事です。

 

日本は基本的に、メスを入れないプチ整形が人気で、それが上記記事の言う「整形手術件数」のほとんどを占めています。

韓国のように、がっつりメスを入れるガチ整形は不人気ですからね。

つまりその記事のデータは、正確な整形手術数ではなかったんです。

 

加えて大事なのは、人口との比率でしょう。

下記は、人口1000人あたりの美容整形手術件数をグラフにしたものです。

1000人あたり何人が整形しているか

参考:https://honkawa2.sakura.ne.jp/2485.html

これを見れば一目瞭然ですね。

でもまぁ、韓国の街を歩いたときの体感的なものと比べると、少ない気もしますが…汗

 

ニツク
ニツク

まぁ、整形したってなかなか言わないよね;

なぜ韓国は美容外科手術が盛んなのか

美容外科に関して、韓国は日本に比べて経験値が全然違います。

それは美容整形や植毛手術がメジャーで、需要があるからなんですね。

 

整形しないと結婚できないっていう話はよく聞きますよね。

娘が整形するときは母親もするとかしないとか…

 

 

妻

特に就職するときに整形や植毛する人が多いらしい

ちなみに20代の6割は整形してると言われてるね

 

 

この就職に有利という考えは、

1997年の経済危機によるリストラや就職難によるもの。

「同じ能力なら外見の優れた人が有利」という考えがこのときから広まったそうな。

参考:https://honkawa2.sakura.ne.jp/2485.html

 

日本の医師が韓国の医師よりも手術する回数が圧倒的に少ないのは、

日本は韓国と違って美容外科手術に対するイメージが悪く、やる人自体が少ないからですよね。

 

 

妻

性転換手術はタイでやるのが一般的なのと同じだね

タイの技術は圧倒的に日本より上でしょ

 

ニツク
ニツク

日本で性転換手術できるようになったの最近だもんね

歴史が浅いから不安だろうな…

 

実は、あの植毛医も韓国で…

ちなみに、マニアな方はご存知かもしれませんが、

日本の超有名植毛クリニックの某医師も、最新技術を学びに、わざわざ韓国まで足を運んでいます。

その意味、分かりますか?

 

日本の美容外科医で勉強熱心な人は、定期的に韓国の超凄腕美容外科医から最先端のテクニックを学ぶのは当然のことなんです。

 

なぜアメリカではなく、韓国なの?

韓国よりアメリカのほうが、整形も植毛も先進国と言われていますよね。

実際既出のグラフの通り、美容整形手術件数はとても多く、同時に技術が高いクリニックもたくさんあると思います。

 

ですが、一つだけ致命的なところがあるんです。

それは、アジア人慣れしていないということ。

 

黒髪を扱う頻度が少なく、肌質や体質も大きく違うので、学ぶのも手術も、現実的ではないと思うんですよね。

 

美容外科市場の規模が違う!

さらに韓国は、美容外科手術に使用されるあらゆるアイテム(ヒアルロン酸やボトックス、麻酔など)の開発も飛躍的に進んでいますよね。

 

ちなみに、手術用(いわゆる注入用)ヒアルロン酸もボトックスも、日本製はありません。

韓国製はあるのに、です。意外だと思いますか?

 

いやいや、日本はそれだけ需要がないんです。儲からないから誰もつくらないんですよ。

 

しかも韓国製には、なんと「資生堂」の最高級ヒアルロン酸が使用されています(爆)

 

それなのに、日本製の手術用ヒアルロン酸は発売してないんです。わざわざ韓国製品に提供してるんですよ。

 

日本と韓国で、どれだけ業界の温度差があるかわかりますよね?

美容外科市場の規模が違うんです。

 

とある美容外科名医の場合。

ニツクは日本の名医に選ばれた凄腕美容外科医と話す機会があるんですが、

彼もやはり、韓国に行って美容手術の最先端技術を学んでいます。

 

たとえば、数年前から流行っている某美顔注射。(※クリニックによって呼び名が異なります)

これは機械で顔に注射を何本も打ち、美容成分を注入するというものなんですが、

とても安価で気軽に受けられる施術なんですよね。

 

でも、それを韓国ではすべて手打ちで行なうという凄腕名医がいるらしく、その先生の指導を彼は受けていました。

 

その技術は、相当難しいらしいです。もともとセンスがあり、かつ意識が高い医師でないと、そう簡単に習得できないでしょう。

 

なので、日本では機械任せにして安くするのが一般的になっているんです。

 

ただし、内出血などのトラブルは多く、効き目も手打ちに比べれば弱い。なので必ず何回も受けさせるんです。

 

日本の機械で行なう施術…しかも安価…ただし肌トラブルが多い。かつ効き目が弱い。

満足度は、おそらくかなり低いでしょう。

 

ニツク
ニツク

これって何かに似てるね…

名医の使用する製品にも韓国のものが。

さて、そんなこだわりのある彼が使用している手術用ヒアルロン酸・ボトックスは、日本政府が認可しているアラガン社のもの(アメリカ製・最高級品)と、予算を抑えたい顧客用に前述の韓国製を用意しているそうです。

 

とは言っても、価格は30%程の差。韓国製もめちゃくちゃ安いわけじゃない。

 

というのと、いつでも自分の技術に対する誇りと施術に対するこだわりを持ち、名医と呼ばれながらも勉強熱心な彼が安心して使用しているということは、

それだけ韓国製品が信頼できるレベルに達しているんだとニツクは解釈しましたね。

 

なので、韓国で植毛手術を受けることに、

なんの心配も違和感もなかったんです。

 

だって、あの有名植毛医も韓国に習いに行ってるんですよ!?

ネットリテラシー的に誰とは言いませんけど!

(それだけ勉強熱心な方ということです)

 

むしろ、韓国の方が日本よりも高い技術で植毛してもらえて、しかも安い。

これって…コスパよすぎるんじゃね!?と。

 

安いのが怖い?高ければ安心?!

韓国の植毛手術はなぜ安い?

手術の費用を抑えられるのは、それだけ顧客を抱えていて、回転も早いからですよね。

 

ノウハウがしっかりあって、熟練されたスタッフが手際よく行なうので無駄がないんです。

 

それに何より、植毛手術が盛んなのでライバルのクリニックはたくさんありますし、技術だけでなく、価格の競争もあるのでしょう。

 

日本の植毛手術はなぜ高い?

日本でべらぼうに高いクリニックは、医師が一株ひとかぶ丁寧に植えるから?それだけ時間がかかるから?

 

いやいや、どうやらそうではないらしい。

 

日本の植毛価格は、実は植毛医でも「世界的な価格基準から見て、明らかに常識的ではない」とドン引きするくらいに高いんです。

 

そして、韓国のように植毛手術がメジャーではないので、ライバルがいない…

つまり価格をいくらでも高く設定できるんですね~。

 

ニツク
ニツク

必死に広告費かけてるからね!!

妻

しつこい(笑)

 

まとめの比較。あなたはどっち!?

一応最後に比較しておきますかね。

 

たとえば…想像してみてください。

 

美容意識の高い客が国内外から集まる美容整形大国で、

常にライバルを意識し技術を磨きながら

膨大な量の症例を日々こなす医師と

ベテランスタッフによる植毛

(80万円以下)

VS

世界がドン引きするほど高い価格設定で

広告費に散々お金つかってるのにも関わらず

年間手術数はたかが知れているため

暇なのに勉強もせず、営業ブログ書いてる日本の医師による植毛

(200万円以上)

 

ニツク
ニツク

んーこればかりは価値観かなー?

いろんな考えの人がいるからねぇ…

 

妻

え…笑

 

技術だけでなく、心のケアも大事。

それでも絶対日本がいい!という人は、国内の方が何かあったとき凸出来ていいって考えるのかな?と思いますけど、きちんと対応してくれなければ意味ないですよね〜。

 

ちなみに韓国で手術したニツク。

手術後すぐに一本のメールが、、、

なんと日本代理店スタッフさんからのメールでした!

 

ニツク
ニツク

これはうれしかった~!

 

一人で韓国、しかも手術後。アテンダントさんが常に一緒でも、やはり手術後はナーバスになりますからね~。

 

何かあったときには相談すると超高速レスで対応してくれるので、ニツクは安心でした。

今メールしても、すぐに返事くれますよ。

 

もちろん、自分自身が納得するところを選ぶべき!

もちろん日本でも天才的に植毛技術があり経験豊富なベテラン医師さんもいるかもしれませんし(知らんけど)、逆に韓国でも技術不足な医師さんもいるかもしれないので、各々納得いく道を選んでくださいね。

 

ニツク
ニツク

最後は自分で選ぶしかない!

 

繰り返しになりますけど、

客が来ないから広告費をかけてアフィリで集客する高額クリニックには気をつけてね!

#ブロガーに騙されるな

 

最強なのは、頼まなくても勝手に客がネットでシェアしてしまうスタバやチームラボのような企業だと思いますね〜。

それだけ顧客満足度が高く、揺るぎないブランド力がある…

つまり信頼されているってことですから。

当然、客が勝手に来るんですよ。

 

ニツク
ニツク

スタバ、アフィリエイトやってないよね?(笑)

妻

多分やってないけど…インスタで誰かしら飲んでるから、新作は常にわかる(笑)

 

 

さいごにニツクからメッセージ。

整形して美人になったほうが、結婚できる確率は高い…

ではハゲとフサフサ、どちらが結婚できる確率が高いのか…

もはや言うまでもない…

 

今こんなにコスパよく植毛できる時代に生まれておきながら、未だにハゲのままでいるということは、

 

自らハゲの人生を選んでいるということだ。

 

ニツク
ニツク

あえて言おう。ハゲであると!

出典:機動戦士ガンダム

 

クリニック選び頑張ってね。

誰かのお役に立てたならうれしいです!

 

ニツク
ニツク

ニツクは前へ進もうとしているあなたの味方です!

 

【今日のニツクはこんな感じ。】

自毛植毛手術経過写真 術後97日目

パッと見、わからないんですけど…

なんかできました。

自毛植毛手術経過写真 術後97日目 デキモノ?

こんな大きなデキモノ、初めてかも…

あー結構ショックです…

 

妻

Youはshock!!!

髪をとりもどせぇぇ~

出典:クリスタルキング

 

ニツク
ニツク

絶対歌うと思った…

 

98日目につづく!!

【植毛手術後97日目】情弱ブロガーたちに捧ぐ。なぜ韓国で植毛手術?迷わず選んだ理由とは!?
昨日は、植毛手術を失敗しない方法を書きましたが、 今日はなぜニツクは韓国で植毛手術することに決めたのか、 その理由を書こうと思います。 あのね、真剣にクリニックを選んだので、理由は少々長くなりますよ...

コメント

error: